本文へ

健康づくりの取り組みを広げ、福祉事業・助け合い活動を進めます

「生協10の基本ケア」にそった
介護事業をすすめています

  • 「生協10の基本ケア」は、日常の生活行為そのものをリハビリと捉えており、ご利用者やご家族が「ふつうの生活」を送り続けたいという思いに寄り添うことを大切にしています。
    「自分の力で口から美味しい食事をとりたい」などの思いに応えられるように、取り組んでいます。

福祉活動助成の取り組みをおこなっています

  • コープぎふの拠出金と組合員からの福祉募金から、2020年度は6団体、155万円の助成をおこないました。
    組合員からの福祉募金は271,353円でした。

    写真:福祉活動助成基金助成団体「NPO 法人ハッピー・クローバー」

「コープぎふおとなの健康大学」を開催しています

  • 主に中高年の方を対象に、運動・食生活・生活習慣について、それぞれ専門の先生方による動画セミナーをコープぎふホームページで配信しました。あわせてFM岐阜でラジオ放送もおこないました。