本文へ

防災・減災

わがまち防災塾

防災・減災は、自らの備えや、隣近所同士の協力が欠かせません。「自助・共助」を考えるきっかけとなります。多くの地域で広がることを目指します。

参加者の感想

いつも暮らしている地域ですが、気づいていないことがたくさんあって、自助・共助を考える機会になりました。あらためて、日頃の地域でのお付き合いを大切にしたいと思います。

地図上の防災学習訓練です。グループに分かれ、ワークショップ形式ですすめます。
まず参加者が大型の宅地地図に避難所、病院、食料品店、危険箇所等の防災情報をマークします。また隣近所の一人暮らしの高齢者や、体の不自由な方等の情報も地図に書き込み完成させます。次に地震被害のシナリオ情報を参考に、自宅から避難所への避難模擬体験をします。また、お住まいの地域の「ハザードマップ」を使って地域の特徴を掴み、危険個所や避難経路の確認等も行います。

地図づくりの中で、わがまちの防災・減災について自分たちで発見していく「防災塾」です。みんなでワイワイとおしゃべりしながらすすめます。みんなで疑似体験すると、いろんな「気づき」があります!気づきを共有して “私の・地域の” 防災意識を高めていきましょう!

防災塾の際には、防災グッズの展示や非常食の試食、「ローリングストック」等の学習も行うことができます。生協の組合員のとりくみの他、地域の様々な集まり等で計画する際もサポートします。
地図の準備等、内容は相談させていただきます。

  • 各務原市蘇原第二小学校 家庭教育学級の様子
  • 揖斐郡池田町本町公民館 本町福祉会の様子
  • 岐阜西エリア委員会 ぬくもりの里の様子

東日本大震災支援活動

コープぎふでは2011年の発災以来、様々な復旧支援に取組んできました。

募金活動では「東日本大震災義援金」「くらし応援募金」に取組みました。

2011年~2021年7月までに、組合員の皆様から92,073,692円の募金をお寄せいただきました。ありがとうございました。

「復興支援、3.11を忘れない」活動

  • ●「みやぎ生協」の「ふれあい喫茶」に岐阜のお菓子を毎月送る取り組みをしました。
  • ●福島県生協連の呼びかけで「土壌スクリーニングプロジェクト」に毎月2名の支援者を送りました。
  • ●NPO法人KIプロジェクトが主催する「被災地支援ボランティアバス」に協賛し、「週刊コープぎふ」で紹介するとともに組合員、役職員の参加を募り、被災地支援に取り組みました。
  • ●「パルコープ」のお誘いで「陸前高田花火大会盛上げ支援」に参加しました。
    2015年度より「岐阜五平もち隊」を結成。
  • ●発災から5年を迎えて開催された「ふくしま支援交流会」に参加。これを機にコープふくしまの役職員、組合員のとの交流が2017年4月より実現。「ふれあいサロン」にも岐阜のお菓子をお届けする取り組みを始めました。
  • ●被災地からの報道も減る中、現地の状況を学ぼうと「3.11学習会」を2017年度から開催。2017年度は「福島」、2018年度は「宮城」をテーマに生協役職だけでなく、語り部の皆さんにも岐阜にお越しいただき当時、そして今の様子を語っていただきました。2017年度より始まった「福島」の皆さんとの交流。そのご縁の中頂いた「夜の森の桜プロジェクト」のお話し…「全国桜サミット」でも関係深い各務原市とも相談し、2018年3月、市長にも参加いただき市民公園に植樹を行いました。

●「コープぎふ20周年企画」の一つとして「~未来へつなぐ~福島・宮城スタディーツアー」を2019年10月26日~28日の日程で開催しました。

日生協の生協の「つながる力」2021ページでは、震災から人々のくらしと地域の復興を願い、全国の生協がともに取り組んできた復興支援の10年間の記録が掲載されています。


お問い合わせ先

コープぎふくらしの活動部まで 058-370-6873

生活協同組合コープぎふ

〒509-0197
岐阜県各務原市鵜沼各務原町 1丁目4番地の1
電話:058-370-6888
組合員・加入窓口:0120- 706-887(コープベル)
電話注文センター:0120-502-017
©CO-OP GIFU. ALL rights reserved.
掲載の記事・写真などの無断転載を禁止します。
TOPへ