本文へ

組合員活動(活動レポート)

【多治見支所】オンライン離乳食ハピハピひろば 開催しました!

【2021.11.24 更新】

11月22日(月)に多治見支所でオンライン離乳食ハピハピひろばを開催しました♪
離乳食ハピハピひろばでは、小さなお子さんのみえるご家族の離乳食作りや食事作りを応援しています。
開催にあたり、赤ちゃんサポートを登録して下さっている組合員さんに、困っていることや交流したいこと等をアンケートで寄せていただき、いただいた声をもとに内容を決定しました。
今回は、海苔のメーカーの「朝日海苔」さんと、乳製品のメーカーの「美濃酪連」さんにご参加いただきました。10組のご参加で、メーカーさんと交流ができました。

【朝日海苔さん】
 海苔がどのようにできるのかや、産地などをご説明いただきながら、海苔について学習をしました。収穫時期の異なる海苔の食べ比べなどもし、楽しみながらみんなで学びました。
 離乳食のレシピ提案として、きざみ海苔で簡単に作れる佃煮を教えていただきました。佃煮をお粥に混ぜることで、栄養もプラスでき、海苔の味で食べやすくなるそうです♪

【美濃酪連さん】
 生協牛乳やヨーグルトのこだわりを教えていただきました。クイズを盛り込みながら、楽しく学ぶことができました!
 乳製品の離乳食の進め方をアドバイスいただきながら、取り分けのできるレシピを中心に教えていただきました。牛乳から作るカッテージチーズの作り方を実演いただきました。離乳食にはカボチャの裏ごしなどと一緒に、大人用にはアボカドのディップなどにアレンジするのがオススメと教えていただきました♪

【ご参加の皆さんの感想】
普段何気なく選んで食べていた海苔や牛乳について、教えていただけて勉強になりました。一人目の子の時に、「取り分け離乳食」がいまいち上手にできず、結局別メニューでずっと作っていて大変でした。「取り分け離乳食」のレシピをたくさん教えていただけて、ぜひやってみたいと思いました。

離乳食のレシピの参考になりました。今後作ってみたいと思います。それぞれの食材への安心・安全なこだわりを知ることができました。今食べているものが今後の体を作っていくので、特に子どもへ与えるものは安心できる食材を使いたいと思っています。今回のお話を聞いて、今後もぜひ使用させて頂きたいと強く思いました。

コロナに関係なくオンラインだから、子供がぐずっていても、焦らないから助かりました。子供のペースに合わせて参加できるので良かったです。カッテージチーズは早速やってみようと思います!