本文へ

組合員活動(活動レポート)

「冷凍食品の上手な使い方」を学びました。(2月28日 各務原エリア委員会)

【2019.03.22 更新】

冷凍野菜でおなじみのノースイさんにご協力いただき、各務原支所で12人が参加して冷凍食品について学びました。
冷凍野菜の素材のことや工場での処理など、質問に答えていただきながら詳しく教えてもらいました。
冷凍野菜が「しなしな」になってしまうのは加熱のし過ぎが原因で、冷水解凍や軽く温める程度の加熱にとどめるのがおいしくいただくためのコツだとの事でした。

冷凍食品に関わって時々ご意見をいただくのがコロッケの揚げ方についてです。油の量や油温、一度に揚げる量などを説明してもらい、実際にコロッケを揚げてみました。包装に書いてある油の温度や揚げる時間を守ったら、とっても美味しそうにできあがりました。揚げ物の失敗の原因として、油温が低かったり投入量が多すぎることがあるようです。

次に実際に冷凍食品を試食してみました。試食は煮びたし、焼きナス、ナス田楽、ゆで野菜、ポテトサラダ等とアップルマンゴー・ブルーベリーなどの果物です。コロッケ以外は流水解凍やレンジで温めたものです。ナスなどは食べられない部分はカットしてあるので、ゴミも出ずに便利ですね。

子どもたちには黄王かぼちゃが大好評。すき焼きのタレをかけてレンジで温めただけで、とっても簡単においしくいただけました。

<参加された方の感想>
・ナスの料理が便利で美味しかった。ノースイさんの冷凍商品に感動しました。
・いつも冷凍食品の使い方に疑問を持っていたのでスッキリしました。
・揚げ物をするのに大丈夫と思っていた油の量では全然足りないのだと分かりました。
・冷凍カット野菜は上手に使えず苦手でしたが、食べ方を守れば美味しいと知りました。

冷凍野菜は品質や価格も安定していて、冷凍庫にストックしてあれば少し使いたいときに手軽に使えて便利ですね。わが家の常備品に加わりそうです。

生活協同組合コープぎふ

〒509-0197
岐阜県各務原市鵜沼各務原町 1丁目4番地の1
電話:058-370-6888
組合員・加入窓口:0120-706-887(コープベル)
電話注文センター:0120-502-017
©CO-OP GIFU. ALL rights reserved.
掲載の記事・写真などの無断転載を禁止します。
TOPへ