本文へ

組合員活動(活動レポート)

「離乳食教室」を開催しました(6月23日 岐阜南支所)

【2018.06.25 更新】

6月23日(土)、コープぎふ岐阜南支所において、岐阜県栄養士会主催「離乳食教室」が開かれました。2018年度第1回目の企画として、「1、ゴックン期」「2、モグモグ期」の赤ちゃんがいるご家族を対象に、離乳食の始め方や進め方、作り方のポイントなど、管理栄養士の先生から教えていただきました。ゴックン期には4組、モグモグ期には2組のご家族が参加されました。コープぎふは協賛として、離乳食対象商品などの提供と紹介をしました。

離乳食は「食生活」の出発点ということで、これからいろいろな味に出会う上での基本となります。人は3歳までに味覚が決まるとも言われており、この時期にどれだけいろいろな味に出会うかで、その人の味覚が決まるそうです。

まずは昆布とかつおでお出汁のとりかたを教えていただきました。少し手間はかかりますが、難しくはありません。出汁の味が決まれば、それを使って様々な料理ができます。
その他、にんじんや玉ねぎの水煮、かぼちゃやさつまいもの蒸し物などをすりつぶし試食しましたが、とても甘く、素材本来の味を大人も再確認できました。

離乳食に便利な道具や保存方法も教えていただけ、これから離乳食が始まるというお母さん、お父さんにとって参考になることがたくさんありました。参加した方からは「管理栄養士さんに直接いろいろ質問ができてよかった」と感想をいただきました。

この離乳食教室は「ゴックン期」「モグモグ期」「カミカミ期」「パクパク期」と赤ちゃんの月齢に併せて今後も毎月行われます。
次回は7月28日(土)です。赤ちゃんのいるご家庭の方はぜひご参加くださいね!
お申込みはチラシに掲載している岐阜県栄養士会事務局まで

離乳食教室の今後の予定はこちらから