本文へ

組合員活動(活動レポート)

「手作りこんにゃく体験」をしました。(7月24日 西濃エリア委員会)

【2017.09.13 更新】

大垣市青墓地区センターで、小澤こんにゃくさんにご協力いただいて親子でこんにゃく作りを体験しました。
大人20名、子ども14名の参加です。

こんにゃく作りは、こんにゃく芋を茹でてミキサーでつぶし、凝固剤を混ぜ形を作り、茹でて出来上がりとなります。こんにゃく芋を視るのも初めて、練り上げて形を作るのも初めて、茹で上がった出来立てを食べるのも初めて、ワクワクの作業です。

いろんな大きさのいろんな形のこんにゃくができました。早速いただきます。ゆでている間に、小澤さんからこんにゃくについてのいろんなお話をお聞きしました。

<参加された方の感想>
・生芋から作るのは手間がかかり、小澤さんのこんにゃくは良い商品だと分かりました。
・ハート型のこんにゃくもうまくでき、楽しかった。家でもお母さんと作ってみたい。
・親子で一緒にできて、夏休みや冬休みにこういう企画は良いですね。
今回のこんにゃく作り体験は、地域サポーターさんの住んでおられる近くで取り組みました。サポーターさんはおしゃべり会や地域での企画のお手伝いをしてくださる方です。サポーターさんのアドバイスで、参加された皆さんに喜んでいただける取組みとなりました。ありがとうございました。