本文へ

組合員活動(活動レポート)

「環境学習とひょうたんランプシェードつくりをしました。」(3月30日 西濃支所)

【2017.03.31 更新】

西濃支所会議室で、13名が参加して環境について学び、ひょうたんランプシェードつくりをしました。
初めに、北極の白熊の様子や地球の温暖化が進んでいること、これからどんなことがおこるのか、温暖化を少しでも防ぐために私たちにできることなどの話で環境について考えました。

ひょうたんランプシェードつくりの開始です。エリア委員さんからは、今日つくったひょうたんを灯して、7月7日のライトダウンキャンペーンの日は部屋の明かりを消してみましょうというお話がありました。

出来上がりました。個性豊かなランプシェードです。作ったものを机の上に並べ、ランプの明かりをつけてみました。

<参加された方の感想>
・温暖化の問題を再認識しました。ひょうたんランプが作ってみたくて参加しました。エコの問題を今後も考えながら生活していきたいと思いました。
・最初は作ることができるのかとても心配でしたが、何とか完成させることができました。環境のお話も具体的なデータがあり、とても勉強になりました。300円で、とても楽しい時間でした。
・思ったよりあなをあけるのがむずかしかったけど、すごくきれいなひょうたんランプを作ることができてよかったです。
・環境(自分でできること)について考える機会をもらいました。子ども企画として温暖化について考える(親子)と良いと思いました。

今回の企画をあわせてコープぎふでは、300個以上のひょうたんランプシェードが作られました。作ったみんなが7月7日のライトダウンの日に部屋の明かりを消して、少しの時間このひょうたんランプシェードを灯しながら環境のことを考えてくれるといいなぁと思います。