本文へ

組合員活動(活動レポート)

「環境に配慮した料理の交流とおしゃべりをしました」(3月21日 環境懇談会)

【2017.03.27 更新】

コープぎふ各務原支所の会議室と研修室を使って、14人の方が持ち寄ったレシピを基にエコ料理の交流とおしゃべりをしました。

提案された環境に配慮した料理レシピは11種類です。2グループに分かれて、まずは作る料理の段取りの相談です。料理ごとに提案した方が中心になって、準備が進みます。

レシピを見ながら、つくる料理の説明を受けます。

料理開始です。「ここのところがエコなのよ!」お話が弾みます。

出来上がりました。作った料理は、①チーズ入り福袋②ブロッコリーの芯と水浸けパスタのペペロンチーノ③だしパックのふりかけ④パンのチョコがけ⑤イカわたと豆腐でカキフライ風⑥お鍋ひとつでアッという間の朝ごはん⑦菜葉のふりかけ⑧野菜スープ⑨もずくの酢の物です。

皆さんから提出されたエコクッキング レシピはこちらをクリックしてください。

出来上がった料理をいただきながら、気付きや感想を交流しました。
・福袋のチーズ入りは、チーズと具がマッチして美味しい。中身にはきんぴらなども使えます。
・いつもブロッコリーを茹でた後のお湯がもったいないと思っていた。お湯の使いまわしもできた。
・ブロッコリーは葉っぱも美味しいので、斜め切りにして使うといいよ。
・ スルメイカが高騰している。地球温暖化による海水温変化が原因の一つらしい。サンゴ礁は白化し、南濃みかんはどんどん甘くなってる。

<参加された方の感想>
・「ちょっとエコなクッキング」ということで、みなさんの日頃のアイディアレシピを知ることができてよかったです。本人は普通にやっていることが、他の人には「へぇ~」という発見があるのも楽しいです。料理だけでなく、エアコンやエコキュート、エコカーの話など、ちょっとしたくらしのアイディアを交流できるこのような場がこれからもあるといいな。参加したいなと思います。
・みなさんいろいろと環境のことを考えて料理をつくってみえて、どれも参考になりました(スパゲッティはおどろきでした)。話をしながら料理が出来て楽しい交流会になりました。
●その他にも、アルミの層の入ったマットを活用した暖房や家電製品の買い替え、電気、ガス、燃料など生活に関わる事柄について意見がだされ、交流されていました。