本文へ

よくある質問Q&A

採用選考について(四大等、新卒者の場合)

選考を受けるにあたって、条件はありますか?
特に条件等はありません。短期大学・専門学校・四年制大学・大学院の新卒者で、文系・理系全学科の学生を対象に募集しています。学生時代に専門的に学習してきたことばかりではなく、どんな過ごし方をしてきたのか、またコープぎふに入協された場合、生協職員として活躍していただけそうな方を選考の基準としています。
もしコープぎふから内定が得られた場合、入協(入社)までに何か研修がありますか?
内々定の通知後、入協までに3~4回程度集まり、内定者交流会を予定しています。同じく内々定を受けられた方との親睦を深めたり、先輩職員との交流をしていただく場を設けたいと考えています。

仕事内容について

入協したら、まずどんな仕事をするのでしょうか?
入協後はまず導入研修を受けていただいてコープぎふ職員としての基礎知識を身に付けていただきます。その後、「地域担当者」として各共同購入事業所に配属もしくは店舗職員として各店舗に配属となります。
地域担当者は主にトラックで、利用されている組合員のところに商品の配達をすると共に、組合員の要望や思いを受けとめ、生協と組合員、更に組合員同士をつなげていくパイプ役も担います。店舗職員は青果や畜産、水産や惣菜などの部門で専門的な仕事をすると共に組合員が「買いたい」商品の品揃え、買い場づくりを組合員の要望や思いを聞いてすすめます。コープぎふは組合員の声(要望や思い)によって事業を展開していますので、組合員さんと最も接している地域担当者、店舗職員の仕事はとても重要な仕事です。
《地域担当者》トラックの運転が不安なのですが、誰でもできるのでしょうか?
はい、大丈夫です。トラックといっても1.5tの小型トラックですので、免許は『普通自動車免許』で構いません。ただ小型とはいえ、乗用車とは違います。コープぎふは「安全運転」を特に大事にしていますので、入協後はまず「安全運転訓練」を行います。必ず運転できるようになりますので、安心してください。
いつまで配達の仕事をするのか、もしくは店舗の仕事をするのか決まっているのでしょうか?
いいえ、特に年数は決まっていません。入協後はまず共同購入事業所もしくは店舗へ配属されますが、その後は本人の希望及び適性を考慮しながら人事異動を行います。

配属先について

家から通える所に配属されますか?
コープぎふは、岐阜県全域で活動する生協です。高山・下呂・恵那・多治見・関・各務原・岐阜・大垣など、県内に9ヶ所共同購入の事業所があります。また店舗も各務原・岐阜・可児・恵那・多治見に6ヶ所あります。
採用にあたっては、「県内の異動が可能であること」を条件としています。また愛知県や三重県の生協と事業連合を組んでいることから、そちらへの異動も有り得ます。もちろん自宅住所を考慮はしますが、可能性としては遠隔地への配属もありますので、その場合住居は相談にのりますし、家賃も規定に基づいて補助が出ます。
配属先の希望は聞いてもらえますか?
コープぎふでは毎年11~12月に、次年度の希望配属部署を聞く仕組みを設けています。そこで出された希望も参考にしながら、新年度の配属部署を決めます。ただし、「必ず希望がかなう」ということではありません。様々な職種がありますので、将来的には色々な分野で活躍していただける可能性は大いにあります。

休日について

休みについて教えてください。
年間所定休日は113日です。基本週休2日となります。年間6日間(前後期各3日間(2015年度の場合))のゾーン休があります。基本として祝祭日は勤務となります。
休暇制度については、どのようになっていますか
年次有給休暇や慶弔時の特別休暇などがあります。また、法律の基準を上回る育児休業制度や育児時短制度、介護休業制度も完備しています。そのような制度を活用して、出産後も仕事を続けている女性職員がたくさんいます。(職員インタビュー参照

その他

他に聞きたいことや気になることがあった場合、どこに連絡すれば良いですか?
人事部・横山までお問い合わせください。
 TEL:058-370-6864