本文へ

介護の仕事

介護事業において、介護が必要な方、またそのご家族のくらしのお手伝いをします。短時間からフルタイム勤務まで、介護の資格を活かしてさまざまな仕事スタイルが可能です。

福祉常勤専任職員(フルタイム)

「訪問介護ステーション」にて訪問介護員、サービス提供責任者として、訪問介護サービスにおける利用者の方とのパイプ役、コーディネート、教育など行う職員です。

職員インタビュー

介護事業部・訪問介護ステーション長良
福祉常勤専任職員
安藤 美千代さん

現在行っている仕事内容

私は現在「訪問介護ステーション長良」の福祉常勤専任職員として、利用者とのヘルパー契約、サービス内容のアセスメント・計画・評価、ヘルパーの手配や教育など、様々な仕事を担っています。また実際に、ヘルパーとして利用者のお家にお伺いし、サービスの提供も行っています。

コープぎふで働こうと思った理由

私はもともと他の仕事に就いていたのですが、その際高齢者のお宅にコープのヘルパーが訪問されているのを見かけ、初めてコープの介護事業を知りました。人とお話しすることが好きで、その中でもご高齢の方と関わることが楽しかったのもあり、福祉に携わることで生活を支援することが出来るのではと考え、ヘルパーの研修を受けながら働きはじめました。

実際に今働いていて感じていること

訪問介護の仕事についてはとてもやりがいがあり、ご利用者様の笑顔で私たち介護者側が元気をもらえる、そんな素敵なお仕事だなと感じています。また、寂しく感じる瞬間もありますが、最期までその方の人生に携わらせて頂けることに感謝の気持ちでいっぱいです。
少しでも安心安楽にご自宅で過ごして頂けるようにと、日々スタッフ間でもチームワークを大切にしているこの職場が大好きで、とても居心地良く感じています。

仕事をする中で嬉しかったこと・大変だったこと

困難事例などに取り組み、クリア出来たとき、生活環境が激しく乱れていた方が少しずつ改善され様変わりしていく様子が分かったり、それを拒否されていた方が最後には「ありがとう」というお言葉をかけてくださると嬉しいです。また、ターミナルケア(在宅での看取り)でご家族や各種機関と連携し、最期までご本人様の尊厳を大切に関わることができ、その喜びや感謝を仲間と分かち合えると、この仕事をしていて良かったと感じます。

皆さんへのメッセージ

介護の仕事にはあまり良いイメージをもたれないことも多いですが、実際は喜びもいっぱいで自分に優しいお仕事だと感じています。そのおかげもあり、事務所の中もいつも笑顔が絶えずアットホームです。年齢層も幅広く、私も先輩ヘルパーさんに娘のように可愛がって頂いています。
教育体系も確立できており、様々な研修でスキルを磨くことも出来ますし、色々な方の色々な生き方に携わることで、自身のより良い生き方にも繋がると思います。

訪問介護ヘルパー

訪問介護サービスを必要とするご利用の方の家を訪問し、サービスを提供する仕事です。「契約ヘルパー」と「定時(パート)ヘルパー」があり、自分のライフスタイルに合わせて働くことが可能です。

契約ヘルパー 7:00~20:00の範囲で、1時間以上の勤務(週40時間以内)
定時ヘルパー 8:00~18:00の範囲で、6時間